第10章 冷凍マウスの解凍法(1)

■さまざまな解凍法

 冷凍マウスは、ヘビはもちろん、モニターなどの肉食性のトカゲや大型のカエルを飼育するうえで、今や最も広く利用されているエサの1つと言えます。ここでは、手軽に冷凍マウスを解凍する方法について、ご紹介することにしましょう。なお、ここでご紹介する解凍法は、そのままピンクマウスやピンクラット、ファジーラットなどの小型のラット、ウズラ、ヒヨコについても、そのまま当てはまるものです。より大型のラットやウサギについては、扱い方がこれらとは少々異なりますので、別の機会に改めて取り上げることにしたいと思います。

 冷凍マウスの解凍には、一般的に次のような方法が用いられています。
 (1)室温に任せての自然解凍
 (2)プレートヒーターや照明器具などの上に載せての解凍
 (3)電子レンジによる解凍
 (4)お湯に浸けての解凍

 まず(1)の自然解凍については、夏場などの気温の高い時期を除けば、完全に解凍できるまでかなりの時間がかかってしまうことと、何よりもマウスの内部まで十分に解凍できない場合も少なくないことから、決してお奨めできる方法とは言えません。また、同様の理由で、(2)のプレートヒーターなどを利用した解凍も、あまり好ましいものとは言えないでしょう。内臓までしっかり解凍しないまま与えると、吐き戻しや食滞の原因にもなりかねません。特にヘビでは、吐き戻しによる体力の消耗は私達の想像以上のもので、時に致命的となる場合すらあります。こうしたトラブルを未然に防ぐ意味でも、やはり確実に解凍できる方法を選択するほうが賢明と言えます。

 (3)の電子レンジを使った方法は、内臓まで短時間で確実に解凍できる優れた方法の1つではありますが、解凍時間の目安が掴みにくいなど、少々コツのいる方法と言えます。また、家族の理解を得にくい、といったケースも考えられるため、決して手軽な方法とは言い難いのが実際のところではないでしょうか。

 結局、最も確実で、ビギナーにも手軽に行える方法は、やはり(4)のお湯による解凍ということになるのではないでしょうか。この方法ですと、確かに電子レンジを使った場合に比べて時間はかかりますが、その分マウスの内部まで確実に解凍することができます。従って、ここでも、この方法について詳しく解説していくことにしましょう。

■お湯によるお手軽解凍法

(1)まず解凍用の容器を用意します。
 100円ショップにあるタッパウエアを利用するのが、最も便利です。大きさは、1度に解凍するマウスの数によって違ってきます。1度に大量のマウスを解凍するなら、サイズに余裕のあるものを用意しましょう。また、お湯を入れる関係上、ある程度深さもあったほうが便利です。

(2)マウスを容器に移します。
 冷凍庫からマウスを出したら、念のため品質のチェックも行っておきます。内蔵部分が黒っぽくなっていたり、ピンクマウスなら変形したり、赤茶けた感じに変色しているようなもの、手足がポロリと欠けてしまうようなものは、鮮度の面からも使用しないほうが無難です。

(3)お湯を注ぎます。
 お湯の温度は、ピンクマウスやピンクラットなら45〜60℃、アダルトマウスなら50〜70℃ぐらいが目安です。熱湯はもちろん、あまり熱すぎるお湯は好ましくありません。

(4)時々お湯を交換します。
 しばらくすると、温かかったお湯が水のように冷えてきます。容器を外側から触れてみると、明らかに冷めているのが分かりますから、こうなったら、容器内のお湯を新しいものに交換します。大きなアダルトマウスを冬場に解凍する場合などは、意外に早く冷めてしまいますし、何度もお湯の交換が必要になることも少なくありません。とにかく、確実に内臓まで解凍することが大切ですから、面倒でもここで手を抜かないようにしましょう。

(5)完全に解凍できたかチェックします。
 (4)の作業を何度か繰り返したら、指でお腹を軽く押してみて、解け具合をチェックします。言葉で説明するのは難しいのですが、プヨプヨと言った感触があれば、確実に内臓まで解凍できていると考えて良いでしょう。この感触を掴むために、初めに解け始めた頃のマウスの堅い感触も掴んでおくと、違いが分かって解け具合を知る目安にもなるでしょう。

(6)水分をふき取ります。
 完全に解凍できたら、容器内の水を捨てます。そのまま与えても大丈夫ですが、神経質な個体では、濡れたマウスを嫌がることも少なくありません。また、濡れていると、床材が着いてしまうため、それを嫌がる個体もいます。そのため、与える前に、雑巾やタオルなどで十分に水分をふき取ってあげるほうが良いでしょう。ちなみに、この作業が面倒な場合は、マウスをビニール袋に入れて、濡れないように解凍するという方法もあります。

(7)冷めないうちに与えます。
 個体によっては冷めたマウスには興味を示さないこともありますから、解凍したらなるべく早く与えるようにします。マウスを触ってみて、人肌よりちょっと温かいかな…という程度がベストな状態です。また、冷めるのを防ぐ意味で、ケージ内のヒーターの近くにエサを置いてあげるのも良い方法でしょう。

お湯に浸ける方法は、多少時間はかかるものの、最も簡単で確実な解凍法。
お湯に浸ける方法は、多少時間はかかるものの、最も簡単で確実な解凍法。