第7章 フローズンクリケット:
冷凍コオロギの作り方

 ここでは、家庭用の冷蔵庫を利用して簡単でしかも高品質の冷凍コオロギの作り方をご紹介します。

A タッパーケースかナイロン袋に、活コオロギと、短冊状に切ったペーパータオルを入れ冷蔵庫で仮死状態にします。 100頭で1時間程度でできます。
写真A

注意 酸欠状態で、窒息死させると、品質が極度に劣化します。
タッパー等の容器を利用する場合は密閉するのではなく、多少すき間をあけるようにしてください。
同様に、ナイロン袋を使用する場合も、大き目の袋に、つまようじで何箇所か通気孔をあけてください。
注意 ペーパータオルは、コオロギに対して多めに使って下さい。
コオロギは、急激な温度低下で、仮死状態になるまでに、体内の余分な水分や糞尿を出します。
これを、しっかりとペーパータオルに吸収、吸着させることで、この後の工程〔冷凍保存後〕で、発生する臭いが、かなり軽減します。
短冊状に切り分けて使用すると、数倍効率があがりますのでお試しください。
また大量に作る場合は、新聞紙を、同じく短冊状に切り分けて使用されることを、お勧めいたします。
ペーパータオルに比べて、紙質自体コシがありますので向いています。

B できあがった冷蔵コオロギを今度は冷凍庫に入れます。 半日程度で、できます。

注意 冷蔵したコオロギを、新しいタッツパーあるいはビニール袋に、交換した新しいペーパータオルと一緒に入れてください。
コオロギが重ならないように並べ、上下にも新聞紙をはさんで冷凍してください。
無理をして詰め込むと、脚がとれたり、解凍の際に、キズから体液がでたりします。
あくまで、活コオロギの代用品として使用しますので、丸ごと1頭分を与えたいものです。

C できあがった冷凍コオロギを1回分ずつ〔酸化防止のため空気を抜いて〕小分けして保存してください。
写真C

注意 ジップ付きの、ビニールパック等があれば、便利です〔商品名:ユニパック〕。
ナイロンラップ等で、サンドイッチするのも効果的です。

十分に解凍してから与えてください。

室温で、自然解凍する場合は、パックから取り出してからの方が、解凍時間も早いようです。 解凍後も、冷たいようでしたら、少し暖めてから与えてください。

手早く簡単に解凍するには、小分けしたパックごと35度〜45度ぐらいの湯につけてください。 解凍時間は、量や外気温によって違いますので、時々パックから取り出してチェックしてください。