第2章 プローブの上手な使い方

 ヘビの雌雄を判別するには尻尾の先から総排泄孔に向けて指で適度な力をかけ、総排泄孔からヘミペニスを出す方法(オスの場合、メスだと何も出ない)「ポッピング」と言われる方法と、プローブと呼ばれる金属の針の様なもの、当然先端は丸くなっていて、ヘビの体に刺さらないようになっている、を使用し見分けますが、この場合気をつけないと色々と問題が生じたり、判別を誤ってしまうこともあります。まず、プローブの差し込み方ですが、ヘビの総排泄孔に近い下腹部を左手で持ちます(左利きの方は逆の右が良いでしょう)この時に、ヘビの頭への部分の下腹部が小指側から出て、親指と人さし指からは尻尾に向けた部分が出ている形になります、つまり人間が立った状態でヘビを逆さに持った状態です。サイズの大きな個体や、噛みつかれるのを防ぐ意味でも慣れない方は2人でやるのが一番ですが、誰もいない場合には、ヘビの頭の部分を自分の両脚で挟んで動いたり出来ないようにしておきます。そして、左手の親指を少し開いて人さし指と親指の間に総排泄孔が来るようにして持ち、右手にプローブを持って総排泄孔に差し込んで行きます、この時のプローブの向きはヘビの体に平行になるようにし、そしてプローブは総排泄孔の部分から尻尾の先に向けてゆっくりと差し込んで行きます。オスの場合だと、ヘミペニスが入った'さや'の様な物が尻尾の先近くまであり、空洞になっているので、プローブは抵抗なく入って行きます、一方メスにはそういった器官がないので、プローブは総排泄孔から、ほんの数センチの所で何かに当たったように止まります。この時に気をつけないといけないのは、前述した「プローブはヘビの体と平行に」の部分で、体がねじれている状態でプローブを差し込むときちんと入らず、オスであるのにメスだと間違った判別となる事もあります、もう一つは力を入れすぎてプローブを体に突き刺してしまい、メスであるにも関わらず、オスだと間違いをしてしまうことです。プローブが何センチ入ればオス、またはメスであるかは、ヘビの種類によっても違いますので一概には言えませんが、おおよその目安で言えば、総排泄孔から後板の鱗で数えてオスだと5枚目から9枚近くまで、メスだと2枚から3枚程度です。

プローブを使う際にはプローブの先を消毒の後使用してください。それと、先には潤滑作用があるゼリー等を使用することがよいと言われてきましたが、その材質に依ってはオスの精子を殺したりする作用もあり一概にはお勧め出来ません。
一番安全なのは水です。入れ物に水をそそぎ、そこにプローブを浸してからヘビに差し込んでください。

プローブは慣れないとヘビの体を突き刺したり、ヘミペニスに傷をつけたりしてしまうこともあります。最初は充分な経験のある人からてほどきを受けるのが最適です。